Latest Story

マレーシア現代演劇の現在

November 13, 2012
マレーシア現代演劇の現在

マレーシアで最先端の現代演劇が見たいとガイドブックをめくっても、残念なことに適切な情報に巡り会えるチャンスは少ない。今でもこの国を訪れる観光客の多くはマ・ヨンやガムランといった宮廷舞踊、あるいは各地域に根ざす民族舞踊を鑑賞することを好むからだ。もちろん、異種混合なマレーシアの歴史文化を反映するこれら舞踊を鑑賞することは素晴らしい。ただそうした博物館的な過去の文化ではなく、現在進行形の生きた舞台にこそ興味がある、そして実地に見てみたい、という若者たちもいるだろう。そこで、ここではあまり情報のないマレーシアのコンテンポラリー・シアターを紹介したい。 »

第2回 Berlin Report / ヨーン・ガブリエル・ボルクマン

May 18, 2012
第2回 Berlin Report / ヨーン・ガブリエル・ボルクマン

今年のTheatertreffen演劇祭、最大の話題作であるノルウェーの演出家+美術作家コンビ、Vegard VingeとIda Müllerによる日替わり即興演出の「ヨーン・ガブリエル・ボルクマン」12時間上演を観劇してきた。美術のみならず、衣装、メイク、効果音、など舞台上の全要素を徹底して「Manga化」し、そこに性描写や暴力表現といった18禁のパフォーマンスを、ダンス、オペラ、人形劇、映像、ビデオゲーム、といった手法を用いてのせていく。ノルウェー発・Mangaアングラ演劇のレポートをどうぞ。 »

第1回 Berlin Report / ランゲナハット 長い夜 演劇オペラ編

May 1, 2012
第1回 Berlin Report / ランゲナハット 長い夜 演劇オペラ編

第1回ベルリンシアター・レポート。初回は先週末4月28日に開催された「Lange Nacht(ランゲナハット)」—— Long Nightという名の一夜限りの舞台芸術祭を紹介したい。正式名称は「Lange Nacht der Opern und Theater(ランゲナハット・デア・オパーン・ウント・テアーター)」、意訳するならオペラと演劇にまつわる長い夜、といった感じのお祭りで地元情報に詳しい方によると、このランゲナハットはシリーズとして他に、長い夜・美術館編、長い夜・教会編、長い夜・科学編、そして長い夜・大学研究室編、なんてものもあるという。当日は8本の巡回無料バスがベルリン市内の57劇場をぐるぐる廻り、150もの演目が20分刻みで見放題。オスターマイアーの「ハムレット」も見られる本格志向の一夜演劇祭だ。 »


Report / 太陽劇団、ピーター・ブルック、ジンガロ

April 30, 2011
Report / 太陽劇団、ピーター・ブルック、ジンガロ

ピーター・ブルック、太陽劇団のムヌーシュキン、ジンガロのバルバタス。 彼らは揃って親日家なことも幸いし、過去に豊かな演劇体験を極東の島国まで届けてくれた。だが厳密に語るなら、それはクリエイション全体の、ほんの片鱗にも満たないかもしれない。パリとその周辺にある個々の常設劇場に足を運び、そこでの体験にコミットすることではじめて、彼らの総合芸術の真価はわかる。落葉に濡れる初冬のパリ。巨匠たちの三つの常設劇場を探訪した。 »

Report / ジョエル・ポムラ「Ma chambre froide」

April 4, 2011
Report / ジョエル・ポムラ「Ma chambre froide」

ジョエル・ポムラ。「フランスでいま面白い芝居家は誰だ」という問いに対し、十中八九帰ってくるのがこの名前。エリート主義な仏演劇界では珍しく、一役者からの叩きあげで作家兼演出家として独り立ちした逸材。陰鬱ながらも生の彩やかさにみちたポエジーと、多義的な読解を可能にするナレーションを軸に、現代社会へ訴求力のあるリアル叙情詩を提示してみせる。そんなポムラの最新作「Ma chambre froide(わたしの貯凍室)」をオデオン座附属の小劇場アトリエ・ベルティエで観劇した。 »

Report / カロリン・カールソン「Blue Lady」

March 28, 2011
Report / カロリン・カールソン「Blue Lady」

上演時間75分。たったひとりのダンサーがルネ・オーブリーの神秘的な音楽にあわせ、舞台上で5人のレディを踊りわける。あるいはそれは、人生の春夏秋冬の踊りわけだともいえる。現在のダンス業界の一般常識では、フルレングスの作品というと、美術やセットや人海戦術で豪華さを出すのがあたりまえとなっている。だがかつて70年代にパリ・オペラ座バレエ団から「エトワール兼振付家」の名誉職を得たカールソンは、身ひとつで舞台に立ち、一時間以上の舞台を堂々持たせることができた。この偉業の後釜をいったい誰が引き継ぐのか。当時いろいろな情報が噂され、かのシルヴィ・ギエムも依頼を断るという裏事情があったすえに、08年からこの大任を受け継ぐことになったのがフィンランドの男性振付家テロ・サーリネンだ。カールソンの代表作のひとつ「ブルー・レディ」のRevisited(再訪)版を、パリ郊外のThéâtre Cachanにて観劇した。 »