芸術の自由

【BLOG】2020年の「芸術の自由」

「いまの空気は、戦争前の空気に近い」と述べられるご年配の方々が大勢います。好きなことを自由に表現することが許されない、なんとなく汲々とした危険な空気が世の中に充満している、と。私は戦争世代ではないし、果たして実際のところ、時代の異なる二点で似かよった空気が流れているのか、正直、肌感覚ではわかりません。けれど空気云々以前に、特定秘密保護法案が制定され、日本版NSC設置法案が成立し、さらに来年1月には戦時中の情報局をほうふつとさせる 言論統制機関「内閣情報局」の設置が予定されている、というファクトを羅列してみると「これは普通じゃない」という察しぐらいはさすがにつきます。多少なりとも文筆活動に携わる身として、また遠巻きながら芸術活動に関与する人間として、今後の日本の表現活動全般は「どうなってしまうのか?」という危機感がつのってくる。芸術の、表現の自由は、日本では2020年に向けてどうなっていくのだろう。

少し調べてみたところ、 欧州連合加盟国28国のうち17の国々では、国民の基本的人権として芸術の自由が憲法で保障されています。例えば、オーストリアでは基本的市民権で「Freedom of the Arts(芸術の自由)」が基本権保護領域として挙げられています。またドイツ基本法5条3項では「The arts and science, research, and teaching shall be free(芸術、科学、研究、教育は自由であるべき)」と明記され、芸術と学問の自由が護られています。意外にも、フランス共和国憲法にはこの「芸術の自由」が記されていません。「教育、専門訓練、文化を利用する、子供と大人の対等な権利」という一文があるのみです。では日本ではどうか?

Read more

Posted on by K.Iwaki in BLOG / ブログ
  • お問い合わせは、Eメールまたは下記フォームからどうぞ。
    You can contact us via email button below or submit online

    CONTACT / お問い合わせ