ラビア・ムルエ

【BLOG】内戦と表象とラビア・ムルエ

11月9日にフェスティバル/トーキョーのオープニング・イベントの一貫として、本年度のプログラムの見どころについて、鴻英良さん(演劇評論家)、藤原ちからさん(編集者)、鈴木理映子さん(演劇ライター)という頼もしいお三方の胸を借りて、およそ3時間に及ぶ解説トークを行わせてもらいました。私は、おもに海外演目担当。ラビア・ムルエ、ティム・エッチェルズ、リミニ・プロトコルらの各演目についてかなり自由に紹介させてもらいました。

会場に入りきらないほどお客さんが来て下さって大変嬉しかったのですが、もしかすると当日会場に来られなかった方もいるかもしれない。そんな方のために、このブログに私の担当作家の解説を事後掲載しておきます。もちろん予備知識なく劇場にフレッシュに足を運びたいという方は読まないほうがいい。でも海外の現代作家作品に臨むときには、ある程度、現地のコンテクストを知ったうえで見るのもまた味わい深いものです。何かの参考になれば嬉しいです。

さて、今日はレバノン出身の劇作家・演出家・俳優・ビジュアルアーティストの ラビア・ムルエ(b. 1967〜)について書きます。

今年のF/Tでは彼の最近の3作品が連続上演されます。『 雲に乗って』(2011)、『 33rpmと数秒間』(2012)、そして映像作品である『 ピクセル化された革命』(2012)です。なお「ベイルート・ポスト内戦第一世代」代表格とみなされるムルエ作品の背後には、これら3作品に限らず、つねにレバノン内戦の影が見てとれます。彼が8歳のときの1975年に勃発し、15年続いた内戦を直接的/間接的テーマに取るのです。そこで少し文脈として、日本人には事情がわかりづらいこの長く苦しい内戦について説明しようと思います。

20679f8b

レバノン内戦というのは、少し調べたところ、フランスがそうとう悪巧みに関与しているようです。つまり第一次世界大戦後にフランスが、この地域で多数派のイスラム教徒に中東を支配させないために、レバノンに約30%いるマロン派キリスト教徒に建国させ、西側諸国とつながりを持つ政府による国を作ったことが起因となっている。それでマイノリティなのに支配階級のマロン派キリスト教徒と、マジョリティで被支配階級なアラブ人たちが対立し、そこに様々な諸要因も加わり、内戦が長引いた。レバノンには十八の宗派が共存していて、宗派ごとに法律が違うそうで(国に統一された法律はなく、宗派ごとに異なる法律が定められている)それで日常茶飯事のように対立が起きる。あと南に位置するイスラエルとヒズボラの対立や、もともとレバノンは自国の一部だったのに「フランスの陰謀で分断された」と信じている北東のシリアとの軋轢とか、まあ、いろいろ政情が不安定な土地なわけです。

Read more

Posted on by K.Iwaki in BLOG / ブログ
  • お問い合わせは、Eメールまたは下記フォームからどうぞ。
    You can contact us via email button below or submit online

    CONTACT / お問い合わせ