テロ

【Article】バタクラン劇場の悲劇:違和感のあるドラマツルギー

Photo:AFP

Photo:AFP

バタクラン劇場があるパリ11 区には、政治的要人や資産家はほぼいない。この地で暮らすのは近所のカフェで友人と語らうことを愉しみ、芸術をつつましい生活の同伴者として慈しみ、市民として共同体意識を深められる劇場に通う、ごく普通の人びとだ。移民が多い。芸術家も多い。わたしの友人知人の多くもこのエリアに住む。だからあのコンサート・ホールでの襲撃事件をかまびすしく喧伝するCNNニュースで知ったとき、なにか得体の知れない違和感に襲われた。

9.11 は「まるで映画のよう」と称された。だが今回の事件の違和感は、単なるバーチャルとリアルの反転よりも複雑だ。そもそも借景がアメリカではないし、ましてやテロを象徴する決定的映像が、当初は流れてこなかった。事件映像として報道されたのは、静まりかえった夜のパリに浮かぶ、サイレンとライトと機動隊の物騒さ。なんだかむりやり画像編集し、そこに恐怖を煽るナレーションを加えることで、ハリウッド映画的な事件を生成しようとしているようにさえ思えた。しかも事件当日、バタクラン劇場で演奏していたのは、カリフォルニア出身のメタルロックバンドだったというのだ。

9.11 のように「あの絵」がニューヨークの青空に似合わないのではない。絵はそもそもこの事件から不在だ。あるのは巧みに演出されたテロのドラマツルギー。そしてこの「ドラマツルギー」が地に足のついたパリの街並みにそぐわないのだ。不謹慎なことを承知でヴィンセント・ミネリ監督の映画にかこつけて言うなら、まるでこれは『An American Drama inParis(巴里のアメリカドラマ)』じゃないかと思ってしまった。

Read more

Posted on by K.Iwaki in ARTICLES / 記事
  • お問い合わせは、Eメールまたは下記フォームからどうぞ。
    You can contact us via email button below or submit online

    CONTACT / お問い合わせ