【Books】<現代演劇>のレッスン:拡がる場、越える表現

9784845916030.MAIN_1-204x300

編集:鈴木理映子+フィルムアート社 発売日:2016年6月13日

【執筆陣】
平田オリザ(劇作家・演出家)、相馬千秋(アートプロデューサー)、藤井慎太郎(演劇学、文化政策学)、岩城京子(演劇ジャーナリスト)、森山直人(演劇批評家)、大堀久美子(編集者、ライター)、藤原ちから(批評家、編集者)、島貫泰介(ライター、編集者)、さやわか(ライター、物語評論家)、林立騎(翻訳者、演劇研究者)、片山正夫(公益財団法人セゾン文化財団)、田嶋結菜(劇団「地点」)、松井憲太郎(富士見市民文化会館 キラリふじみ)、三好佐智子(プロデューサー)、長島確(ドラマトゥルク、翻訳者)

【分担執筆箇所】

『「社会」に応答する日本の現代演劇史』と題した、論考を寄稿させていただきました。主に八〇年代からテン年代にいたる小劇場シーンの流れを、自分なりのフレームで解釈する論考になっています。キーポイントを、以下引用します。

「日本社会は3.11によって劇的には変わらなかったかもしれない。けれど、想像力の断層線にはなりました。震災以前をゼロ年代の想像力としてくくるなら、震災以後、勢いを増したのがテン年代演劇の作家たちです。二つの世代の作家たちは、外見的には似ているようで、大きく異なる時代精神を反映しています。ゼロ年代の作家たちは、了承可能性の敗北の先にある「ディスコミュニケーション」を描き、「未来への不安」を語り、「ディストピアとしての終わりなき日常」を俎上にあげました。テン年代の作家たちは、了承不可能性という前提を折り込み済みの「独話」を描き、「過去をノスタルジックに」美化し、「ささやかなユートピアとしての日常」を反芻していきます。もっとわかりやすく差異化するなら、ゼロ年代の作家たちは「戦後の想像力」を、テン年代の作家たちは「戦前の想像力」を基本オペレーション・システムとして使用しています。つまり前者にとっての「日常」は平々凡々といつまでもつづくはずの半永久的な物語であり、後者にとっての「日常」は、近い将来に喪失することを前提にした刹那的な幸せなのです。」

冒頭の2ページも、以下ウェブサイトにあるPDFで読めます。>>>http://filmart.co.jp/books/theater/gendai-engeki/

 

Posted on by K.Iwaki in BOOKS / 出版物
  • お問い合わせは、Eメールまたは下記フォームからどうぞ。
    You can contact us via email button below or submit online

    CONTACT / お問い合わせ