【BLOG】2015年

皆様、あけましておめでとうございます。

私事ですが昨年は生活のテンポをつかむために苦労した一年でした。

いままでつづけてきた日本語のジャーナリスト活動とはちがう規律を要求される、英語での論文執筆。さらにそのうえに覆いかぶさる、はじめてのロンドン大学での講師仕事、海外での学会発表、海外でのシンポジウムのオーガナイズ。慣れないことが多く、時間効率がつかめないまま最初の半年は過ぎ去りました。大げさでなく朝から晩まで机にむかっても、納得のいく文章が一行も書けない。駆け出しのライターのような苦行を十年ぶりに味わいました。結構これはしんどかった。

ただ石の上にも三年とはよくいったもので、アカデミズムに入って三年が過ぎようとする九月頃から、それまでの中学生作文が、徐々にではなくいきなり脱皮しはじめました。人がそれなりになるには一万時間が必要だと言われますが、だいたい一日に九時間勉強する換算で三年机に向かえば1万時間です。まあ、まだ一流とは言い難い英語文章ですが、人に読んでもらっても恥をかかない程度のものは書けるようになった気がします。

おもしろいことに、英語の文章訓練を継続していたら、日本語での文章執筆が信じられないほどラクになりました。まるで「大リーガー養成ギブス」をはずした星飛雄馬の気分。いつもの十分の一ぐらいの負荷で単語が、文章が、頭から出てくる。異国語脳で書きつづけることで、母国語脳のポテンシャルを改めて自覚しました。しかしなぜ前者を鍛えることで、後者が成長するのか。脳は不思議です。

ロンドン、パリ、ブリュッセル、ベルリン、エディンバラ、カーディフ、アバリストゥイス、リュブリヤーナ、光州、ハワイ、静岡、国東、広島といろいろと今年も旅をしました。でも旅で得られた「差異」の学びより、今年は自分のなかで文章執筆の「安定的テンポ」をつかめたことのほうが大きな収穫。これは日常のすべてを別の視野から切りとる人格がもうひとり固定化された感じ。だから三つ目の執筆言語を習得したら、また新しい人格が生まれるのかな、とか欲張りに考えてちょっとそれに挑戦したくなっています。

ロンドンで家選びをまちがえて凍死しそうになったり、回教徒の家に住んでキッチンをまったく使わせてもらえず栄養失調になったりしたので、とりあえず新年は、あんまり自分のテンポを大幅に崩さない生活圏で日々を送れたらもうけものです。朝、コーランを唱えてる家で起床すると、自分が誰で何をしてる人間だかわからなくなってきますから。笑いごとじゃない。生活の基盤を整えて、それではじめて仕事の精度もあがるってものです。

今年はマラソンのような一年になりそうです。なのでテーマは「回復力」。ダメージを受けてもすぐにリカバーできる持久力をつけて、淡々とそれなりの速度で休みなく進める一年にしようと思います。

友人、知人、仕事関係のみなさま、昨年は大変お世話になりました。本当に日本に帰国するたびに、自分を認知してくれる誰かが存在して初めて人は「一貫性のある生」を紡いでいけるんだなと実感します。

世界はどんどん物騒になっていますが、皆様の一年が穏やかなものでありますように。

皆様、今年もよろしくお願い致します。

 

Posted on by K.Iwaki in BLOG / ブログ
  • お問い合わせは、Eメールまたは下記フォームからどうぞ。
    You can contact us via email button below or submit online

    CONTACT / お問い合わせ