BOOKS / 出版物

【Books】Fukushima and the Arts: Negotiating Nuclear Disaster

9781138670587

Edited by Barbara Geilhorn and Kristina Iwata-Weickgennant

The natural and man-made cataclysmic events of the 11 March 2011 disaster, or 3.11, have dramatically altered the status quo of contemporary Japanese society. While much has been written about the social, political, economic, and technical aspects of the disaster, this volume represents one of the first in-depth explorations of the cultural responses to the devastating tsunami, and in particular the ongoing nuclear disaster of Fukushima.

This book explores a wide range of cultural responses to the Fukushima nuclear calamity by analyzing examples from literature, poetry, manga, theatre, art photography, documentary and fiction film, and popular music. Individual chapters examine the changing positionality of post-3.11 northeastern Japan and the fear-driven conflation of time and space in near-but-far urban centers; explore the political subversion and nostalgia surrounding the Fukushima disaster; expose the ambiguous effects of highly gendered representations of fear of nuclear threat; analyze the musical and poetic responses to disaster; and explore the political potentialities of theatrical performances. By scrutinizing various media narratives and taking into account national and local perspectives, the book sheds light on cultural texts of power, politics, and space.

Providing an insight into the post-disaster Zeitgeist as expressed through a variety of media genres, this book will be of interest to students and scholars of Japanese Studies, Japanese Culture, Popular Culture, and Literature Studies.

<Table of Contents>

1. Kristina Iwata-Weickgenannt and Barbara Geilhorn “Negotiating Nuclear Disaster: an Introduction”

2. Rachel DiNitto “Literature Maps Disaster: The Contending Narratives of 3.11 Fiction”

Read more

Posted on by K.Iwaki in BOOKS / 出版物

【Books】A History of Japanese Theatre

9781107034242

Edited by Jonah Salz, Cambridge University Press, 2016.

Japan boasts one of the world’s oldest, most vibrant and most influential performance traditions. This accessible and complete history provides a comprehensive overview of Japanese theatre and its continuing global influence. Written by eminent international scholars, it spans the full range of dance-theatre genres over the past fifteen hundred years, including noh theatre, bunraku puppet theatre, kabuki theatre, shingeki modern theatre, rakugo storytelling, vanguard butoh dance and media experimentation. The first part addresses traditional genres, their historical trajectories and performance conventions. Part II covers the spectrum of new genres since Meiji (1868–), and Parts III to VI provide discussions of playwriting, architecture, Shakespeare, and interculturalism, situating Japanese elements within their global theatrical context. Beautifully illustrated with photographs and prints, this history features interviews with key modern directors, an overview of historical scholarship in English and Japanese, and a timeline. A further reading list covers a range of multimedia resources to encourage further explorations.

Read more

Posted on by K.Iwaki in BOOKS / 出版物

【Books】<現代演劇>のレッスン:拡がる場、越える表現

9784845916030.MAIN_1-204x300

編集:鈴木理映子+フィルムアート社 発売日:2016年6月13日

【執筆陣】
平田オリザ(劇作家・演出家)、相馬千秋(アートプロデューサー)、藤井慎太郎(演劇学、文化政策学)、岩城京子(演劇ジャーナリスト)、森山直人(演劇批評家)、大堀久美子(編集者、ライター)、藤原ちから(批評家、編集者)、島貫泰介(ライター、編集者)、さやわか(ライター、物語評論家)、林立騎(翻訳者、演劇研究者)、片山正夫(公益財団法人セゾン文化財団)、田嶋結菜(劇団「地点」)、松井憲太郎(富士見市民文化会館 キラリふじみ)、三好佐智子(プロデューサー)、長島確(ドラマトゥルク、翻訳者)

【分担執筆箇所】

『「社会」に応答する日本の現代演劇史』と題した、論考を寄稿させていただきました。主に八〇年代からテン年代にいたる小劇場シーンの流れを、自分なりのフレームで解釈する論考になっています。キーポイントを、以下引用します。

「日本社会は3.11によって劇的には変わらなかったかもしれない。けれど、想像力の断層線にはなりました。震災以前をゼロ年代の想像力としてくくるなら、震災以後、勢いを増したのがテン年代演劇の作家たちです。二つの世代の作家たちは、外見的には似ているようで、大きく異なる時代精神を反映しています。ゼロ年代の作家たちは、了承可能性の敗北の先にある「ディスコミュニケーション」を描き、「未来への不安」を語り、「ディストピアとしての終わりなき日常」を俎上にあげました。テン年代の作家たちは、了承不可能性という前提を折り込み済みの「独話」を描き、「過去をノスタルジックに」美化し、「ささやかなユートピアとしての日常」を反芻していきます。もっとわかりやすく差異化するなら、ゼロ年代の作家たちは「戦後の想像力」を、テン年代の作家たちは「戦前の想像力」を基本オペレーション・システムとして使用しています。つまり前者にとっての「日常」は平々凡々といつまでもつづくはずの半永久的な物語であり、後者にとっての「日常」は、近い将来に喪失することを前提にした刹那的な幸せなのです。」

冒頭の2ページも、以下ウェブサイトにあるPDFで読めます。>>>http://filmart.co.jp/books/theater/gendai-engeki/

 

Posted on by K.Iwaki in BOOKS / 出版物

【BOOKS】天児牛大著『重力との対話ー記憶の海辺から山海塾の舞踏へー』

AS20150503000183_comm

もう、かれこれ10年程まえのことでしょうか。

山海塾の振付家・天児牛大さんから「フランスActes Sud出版から自伝を出さないかというオファーが来ている。しかし、自分で書くのは気恥ずかしいので協力してくれないか」という相談を受けました。当時20代の私にはその依頼の貴重さ、ありがたさ、怖ろしさを推し量る力量などまるでなく、とにかく自分よりもうんとキャリアのあるアーティストに信頼され、執筆をお願いされたことが嬉しく、その場で意味もわからず「はい」と返事をしました。その本が数年前に Actes Sudから仏語出版され、今年3月、日本でも岩波書店から『 重力との対話ー記憶の海辺から山海塾の舞踏へー』という題名で刊行されました。

私が執筆したのは、第一部の「自伝」と第三部の「理論」。あいまに、天児さんが、同じくActes Sudから出版されたエッセイ集『 Dialogue avec la gravité(重力との対話)』が挟まっています。本書のタイトルはここからとられています。

約1年にわたり、計6回取材させていただき、史実性や、固有名詞や、語彙の使用法など、そのつど天児さんに適確な意味を確認するかたちで、小石を一粒ずつ積んでいくように、少しずつていねいに文章化していきました。「差異と普遍性」「白についての再考」「沈黙の劇場」「意識の糸」といった山海塾の審美性にまつわる舞踏理論を文字化していく作業は、生半可な舞踊理論を受け売りする授業(もちろん、そうでない研究者・教育者がたくさんおられることも知っています)より、よっぽど勉強になりました。

言語化の過程で、多くの余白や余剰物をあえて残す、天児さんのイメージ言語を削ぎ落としすぎたのではないか、という懸念も残りますが、活字化のプロセスとは、そもそも他のなにかを捨て去る残酷な作業です。ぜひダンス研究者だけではなく、広く観劇する際の意識のありよう、舞台芸術というもののなりたち、人間の身体の可能性や不可思議さ、といったものに興味がある方に手にとってもらいたいです。

またこの場を借りて、未熟な私をあいてに、じつに辛抱強く語りつづけて下さった天児牛大さんに感謝の意を表します。

 

Posted on by K.Iwaki in BOOKS / 出版物

【JOURNAL】Latest Article on Okada Toshiki Published on New Theatre Quarterly

NTQ31_01

My latest article titled ‘Japanese Theatre After Fukushima: Okada Toshiki’s Current Location’ has been published on New Theatre Quarterly (Cambridge University Press). Thank you to Professor Maria Shevtsova for aiding me through the procedure. Also thank you to William Andrews for helping me out with the editing. The article could be downloaded from here or, from the ResearchGate website.

ケンブリッジ大学出版の季刊学術誌 New Theatre Quarterly に「Japanese Theatre After Fukushima: Okada Toshiki’s Current Location」と題した論文を発表しました。未熟ながら20 ページの大作です。日本の演劇人からすると、おそらくつっこみどころもあると思います。が、あまり状況を知らない人も読むことを考慮して執筆しました。しかしまだ論文の「文法」というか「文章コード」に慣れません。記事は ここからダウンロード可能です。または ResearchGateのウェブサイトからどうぞ。

Posted on by K.Iwaki in ARTICLES / 記事, BOOKS / 出版物
  • お問い合わせは、Eメールまたは下記フォームからどうぞ。
    You can contact us via email button below or submit online

    CONTACT / お問い合わせ