K.Iwaki

【Article】日本の過去や未来とも重なる、現在進行形のドキュメンタリー演劇 マーク・テ『Baling(バリン)』

 

Photo by June Tan Courtesy of Asian Arts Theatre

Photo by June Tan Courtesy of Asian Arts Theatre

クアラルンプールに降り立つと、日本の「過去」と「未来」を同時に生きているような不思議な感情が去来する。「日本も昔はこうだったのか」とふと思うのは、マレーシアという国の若さと、それに付随する国民の熱さに接したとき。マラヤ連邦が宗主国イギリスから独立を果たしたのは、まだほんの六〇年程前の出来事。人間に喩えるなら、この国はまだ思春期のさなかにある。だからこそここで暮らす若手政治家や芸術家たちは、「未来は自分たちの手で切り拓く」という、まるで幕末の志士のような信念を抱いている。

本作の演出家マーク・テは、マレーシア人民公正党の若手政治家であり、本作のパフォーマーのひとりであり、かつ自身の大親友でもあるファーミ・ファジルの結婚式に参列した際、「もしここでテロが起きたら、国の歩みが三十年遅れる」と心底恐ろしくなったという。彼の言葉に驕りはない。マークは自分のような欧州で学んだ芸術家や、ファーミのようなリベラルな政治家は、マレーシアの日進月歩の成長に不可欠なエリートであることを素直に認識しているのだ。こうした国と向きあう誠実さは、日本が過去に置き去りにしてきてしまったもののように思える。

Read more

Posted on by K.Iwaki in ARTICLES / 記事

【NEWS】討論会 演劇についての新たな考察-ジゼル・ヴィエンヌを迎えて

giselvienne5月2日(火)(19:00 – 21:00) に、東京ドイツ文化センターにて行われるジゼル・ヴィエンヌ氏の討論会のモデレーションを担当します。

ゲーテ・インスティトゥート東京
ドイツ文化会館内
107-0052 東京都港区赤坂7-5-56

言語: 日英逐次通訳付き
料金:入場無料、事前申し込み。
03-3584-3201 info.tokyo@goethe.de

以下、ドイツ文化センターサイトより。


 

シリーズ企画「演劇についての新たな考察」では、毎回、演劇シーンの最先端を行く関係者を招いて討論会を行っています。今回は人形を介して哲学的で審美的な世界を出現させる鬼才演出家、ジゼル・ヴィエンヌをゲストに迎えます。

ヴィエンヌが人形とともに表象する世界は、人間の極限を暴き出す「隠喩」として、頻繁に暴力や死、殺人や異常性愛が描かれます。そして、一方では完璧な美や調和を求めながら、もう一方では破壊やカオスを希求してしまうように、人間が相反する両極に引き裂かれる状態を、言語、身体、集団的経験などを通じて、時に寓話的に、時に哲学的に舞台化していきます。

討論会では、ヴィエンヌ氏本人に、自らの創作を支える問題意識と方法論について過去作の映像を交えながら語って頂き、彼女が投げかける究極の問いをともに掘り下げます。

 

 

Posted on by K.Iwaki in NEWS / ニュース, 未分類

【Books】Fukushima and the Arts: Negotiating Nuclear Disaster

9781138670587

Edited by Barbara Geilhorn and Kristina Iwata-Weickgennant

The natural and man-made cataclysmic events of the 11 March 2011 disaster, or 3.11, have dramatically altered the status quo of contemporary Japanese society. While much has been written about the social, political, economic, and technical aspects of the disaster, this volume represents one of the first in-depth explorations of the cultural responses to the devastating tsunami, and in particular the ongoing nuclear disaster of Fukushima.

This book explores a wide range of cultural responses to the Fukushima nuclear calamity by analyzing examples from literature, poetry, manga, theatre, art photography, documentary and fiction film, and popular music. Individual chapters examine the changing positionality of post-3.11 northeastern Japan and the fear-driven conflation of time and space in near-but-far urban centers; explore the political subversion and nostalgia surrounding the Fukushima disaster; expose the ambiguous effects of highly gendered representations of fear of nuclear threat; analyze the musical and poetic responses to disaster; and explore the political potentialities of theatrical performances. By scrutinizing various media narratives and taking into account national and local perspectives, the book sheds light on cultural texts of power, politics, and space.

Providing an insight into the post-disaster Zeitgeist as expressed through a variety of media genres, this book will be of interest to students and scholars of Japanese Studies, Japanese Culture, Popular Culture, and Literature Studies.

<Table of Contents>

1. Kristina Iwata-Weickgenannt and Barbara Geilhorn “Negotiating Nuclear Disaster: an Introduction”

2. Rachel DiNitto “Literature Maps Disaster: The Contending Narratives of 3.11 Fiction”

Read more

Posted on by K.Iwaki in BOOKS / 出版物

【Interview】マレーシア特集『B.E.D.(Episode 5)』 リー・レンシン インタビュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「天下り」ならぬ「回転ドア」と呼ばれる政府と大企業による癒着の連鎖により、マレーシアでは公共空間が次々に、娯楽施設やショッピング・モールなどの商業地に変貌しつつある。そんな社会情勢を背景に、「公共空間」に焦点を当てたダンス・パフォーマンスを作りつづけているのが若手振付家のレン・シン。今年のフェスティバル/トーキョーでは、プライベートな空間を象徴するマットレスを様々な場に配置する『B.E.D.』シリーズを改訂上演することになる。

——幼少期にバレエを習いはじめてから、コンテンポラリー・ダンスの振付家として活躍するようになるまで、ご自身の経歴を詳しく教えてください。

母親が中国文学の大学講師、父親が太極拳の師範、というマレーシアの中流家庭で育ったわたしは、なんのためらいもなく、ただ「姉妹が習っているから」という理由だけで、バレエ教室に通いはじめました。振り返ってみるとわたしの人生の最初の16年は、とても無邪気なものでした。自分の感性は東南アジアで培われた内省的で繊細なものであること。またその繊細さはバレエなど西洋の舞踊技術では表現しきれない部分があること。そんなことにはなんの疑問も持たず、ただ踊っていました。踊ることへの批評性は母国を離れることにより、徐々に培われていったように思います。 初の海外生活はシンガポール。16歳のときにASEAN奨学金を得て、まずはAレベル(大学進学コース)課程に進み 、その後、シンガポール南洋芸術学院ダンス科で、グラハム・メソッドから南東インド古典舞踊クチプディまで、様々なダンスを学びました。またシンガポールではT .H .Eダンス・カンパニーの準団員として、芸術監督クイック・スィ・ブンのもと振付家として小さな作品を作りはじめたりもしました。ただこの頃のわたしはとても優等生で「ルールに則ってダンスを踊ること、作ること」に必死だったように思います。 Read more

Posted on by K.Iwaki in ARTICLES / 記事

【Books】A History of Japanese Theatre

9781107034242

Edited by Jonah Salz, Cambridge University Press, 2016.

Japan boasts one of the world’s oldest, most vibrant and most influential performance traditions. This accessible and complete history provides a comprehensive overview of Japanese theatre and its continuing global influence. Written by eminent international scholars, it spans the full range of dance-theatre genres over the past fifteen hundred years, including noh theatre, bunraku puppet theatre, kabuki theatre, shingeki modern theatre, rakugo storytelling, vanguard butoh dance and media experimentation. The first part addresses traditional genres, their historical trajectories and performance conventions. Part II covers the spectrum of new genres since Meiji (1868–), and Parts III to VI provide discussions of playwriting, architecture, Shakespeare, and interculturalism, situating Japanese elements within their global theatrical context. Beautifully illustrated with photographs and prints, this history features interviews with key modern directors, an overview of historical scholarship in English and Japanese, and a timeline. A further reading list covers a range of multimedia resources to encourage further explorations.

Read more

Posted on by K.Iwaki in BOOKS / 出版物
  • お問い合わせは、Eメールまたは下記フォームからどうぞ。
    You can contact us via email button below or submit online

    CONTACT / お問い合わせ