【Article】アジア的な受容性を肯定する:「憑依」するフィジカルな批評

viewpoint79

公益財団法人セゾン文化財団が年4回発刊しているニュースレター『viewpoint』の79号・特集「舞台芸術の新しい批評の場」に寄稿させていただきました。

以下ウェブサイトから全文読むことが可能です。

>>> viewpoint vol.79 http://www.saison.or.jp/viewpoint/pdf/17-09/viewpoint79_iwaki.pdf

 

 

Posted on by K.Iwaki in ARTICLES / 記事

【Essay】ポスト・ヒューマン演劇の旗手:松井周論

photo: 青木司

松井周をロジカルに語ることじたい、松井的でない。なぜならそもそも彼自身が、論理の一貫性・主体の不変性・思考の自律性といった、いわゆるルネッサンスと共に生まれた西洋ヒューマニズムの基本思想に疑念を抱いているから。ドイツ人がゲーテを読んで育むような精神の修養を、彼はすべからく「からかう」のだ。からかっているだけで否定はしていない、という要点がここでは大事なのだが。「文化の宗主国」といえる西欧の人間は、そのあたりのサジ加減がわからない場合が多く。松井作品はときに誤解を招く。

例えば、英国のとある演劇学者は私の書いた松井評に触れ、「これは嘆かわしい、人類の劣化だ」と叫んだ。あまりに有無を言わさぬその口調に、私はそのとき松井作品の良さをぞんぶんに弁護できなかった。そのときの悔しさをバネに、松井の特異な才能をこの機会にきちんと文章化しておきたい。

Read more

Posted on by K.Iwaki in ARTICLES / 記事

【Essay】Matsui Shū: The Innovator of Japanese Post-Human Theatre

A logical explanation of Shū Matui is already an oxymoron. This is because, Matsui has always been doubtful of those concepts such as coherent reason, single subjectivity and autonomous criticality: the basic principles of western humanism. He was always sarcastic about those humanistic ideals, which, for instance, Germans might lean through perusing the pages of Goethe. What is important to note, however, is that he is only dubious about humanism, and not altogether rejecting it. Yet, when his plays are observed through the culturally hegemonic ideals of the west, they are often mistaken, or even denounced, as anti-humanistic as he often questions the usefulness of those ideals, such as human rationality, which, I guess, should never be questioned.

For example, when one British theatre scholar learnt about Matsui’s works through my description, she instantly decried that ‘it is a horrible degradation of humanity.’ Since the comment was so decisive, regretfully, I was not able to defend Matsui’s plays against her claim. Taking that remorse as a springboard, I would like to use this opportunity to provide some counterargument on those often hasty and groundless reactions towards Matsui. Read more

Posted on by K.Iwaki in ARTICLES / 記事

【Article】真実という名の禁忌を暴く「魂のポルノグラフィー」:アンジェリカ・リデル インタビュー

撮影:石川純

撮影:石川純

演出家・俳優・詩人のアンジェリカ・リデルは「真理の受難者」だ。偽善と体裁が猛威をふるう、見てくればかりの現代社会で、官能と精神という眼にみえないなにかを舞台に結晶化しようとしてきたがゆえに、結果、因襲からはずれた異端者として現代社会から排斥されてきた。それゆえ、母国スペインの少なくないフェスティバルは、リデル作品の上演を控えてきた。93年に設立されたアトラ・ビリス・テアトロ(ラテン語でアトラ・ビリスは暗い感情の意)の転機は2010年に訪れる。アヴィニヨン演劇祭で『El ano de Ricardo(リチャードの年)』と『La Casa de la fuerza(力の家)』を上演し、フランスの知識人たちに衝撃を与えてから、おもにアンダーグラウンドで評価されていたリデルの活動領域は一気に世界へと広がったのだ。

「憤怒のスペイン人」(ルモンド紙)「観客を恐怖に陥れる」(リベラシオン紙)と、フランス各紙はこのカタルーニャ出身の演出家の登場をセンセーショナルに煽った。だがリデル本人は、なにも「センセーショナルなこと、前衛的なこと」をするつもりはない、とじつに淡々としている。「中世の典礼劇や神秘劇」に影響を受けているという彼女は、新しいものよりもむしろ古いものに惹かれ、例えば、ニーチェ、バフチン、バタイユ、アルトーなどを引用しつつ、まるでベッリーニの宗教画のように戦慄的な美しさを誇る「残酷な美学(Aesthetico Brutal)」の画布を舞台上に描きあげていく。
Read more

Posted on by K.Iwaki in ARTICLES / 記事

【Article】日本の過去や未来とも重なる、現在進行形のドキュメンタリー演劇 マーク・テ『Baling(バリン)』

 

Photo by June Tan Courtesy of Asian Arts Theatre

Photo by June Tan Courtesy of Asian Arts Theatre

クアラルンプールに降り立つと、日本の「過去」と「未来」を同時に生きているような不思議な感情が去来する。「日本も昔はこうだったのか」とふと思うのは、マレーシアという国の若さと、それに付随する国民の熱さに接したとき。マラヤ連邦が宗主国イギリスから独立を果たしたのは、まだほんの六〇年程前の出来事。人間に喩えるなら、この国はまだ思春期のさなかにある。だからこそここで暮らす若手政治家や芸術家たちは、「未来は自分たちの手で切り拓く」という、まるで幕末の志士のような信念を抱いている。

本作の演出家マーク・テは、マレーシア人民公正党の若手政治家であり、本作のパフォーマーのひとりであり、かつ自身の大親友でもあるファーミ・ファジルの結婚式に参列した際、「もしここでテロが起きたら、国の歩みが三十年遅れる」と心底恐ろしくなったという。彼の言葉に驕りはない。マークは自分のような欧州で学んだ芸術家や、ファーミのようなリベラルな政治家は、マレーシアの日進月歩の成長に不可欠なエリートであることを素直に認識しているのだ。こうした国と向きあう誠実さは、日本が過去に置き去りにしてきてしまったもののように思える。

Read more

Posted on by K.Iwaki in ARTICLES / 記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11   Next »
  • お問い合わせは、Eメールまたは下記フォームからどうぞ。
    You can contact us via email button below or submit online

    CONTACT / お問い合わせ